アロマ初心者のためのアロマテラピー講座TOP > 歴史 > アロマテラピーとは?

アロマテラピーとは?について

 

*アロマテラピーとは

 

アロマテラピーとは植物の持つ香りや
いろいろな働きの力をかりて心や体の
トラブルを穏やかに回復し、健康増進や
美容に役立てていこうとする自然療法です。

 

アロマテラピーはリラクゼーションやストレスケア 、
美容や健康維持、疲労回復に役立てることができます。

 

現代人はいろいろなストレスに囲まれて生きています。
入浴やトリートメント、セルフスキンケアなど、
アロマテラピーをうまく生活に取り入れていくことで
身体と心のバランスを取り戻すのに役立ちます。

 

アロマテラピーのアロマは芳香、
テラピーとは療法のことです。

 

20世紀にフランスの科学者
ルネ・モーリス・ガットフォセ
によって作られた言葉です。

 

芳香植物の利用は古代からあったようですが、
アロマテラピーそのものが広まり始めたのは
20世紀に入ってからで、日本に入ってきたのは
1980年代以降です。

 

アロマテラピーには植物の香り成分を抽出した
『精油』を使いますが、

 

中世ヨーロッパでは植物成分を水や植物油、
アルコールに浸出して抽出したものを使い

 

イスラム圏では蒸留による精油の製法
を確立し医学に応用していました。
これは現在のアロマテラピーの原型になっています。

 

現在では蒸留法・パーコレーション法・圧搾法
有機溶剤法などの方法で抽出されています。

 

精油が心身に働きかける経路は二つ
あり、ひとつは嗅覚刺激、

 

もうひとつは皮膚や粘膜を通して血流に乗り
体内に入る経路があります。

 

吸収された成分は、最終的にはほとんどが
肝臓や腎臓で代謝され尿とともに排泄されます。

 

精油の香りによって安心感・快感・緊張感・覚醒感・
瞑想感がえられ、心身のバランスを促すことが
期待できます。

 

精油はいろんな種類があり、それぞれに様々な性格を
もっていますが、組み合わせることにより
さらに多様な作用を見せる場合もあります。

 

精油の使用法としては

 

*香りを鼻から吸入して、神経に働きかける方法。
 
精油を1〜2滴、ハンカチやティッシュ、脱脂綿に含ませ、
直接香りを嗅いだり、熱湯に1〜3滴ほど加えて蒸気を吸入する方法、
アロマポットやアロマキャンドルなどで部屋に香りを
満たす方法が一般的です。


歴史記事一覧

アロマテラピーとは?

*アロマテラピーとはアロマテラピーとは植物の持つ香りやいろいろな働きの力をかりて心や体のトラブルを穏やかに回復し、健康増進や美容に役立てていこうとする自然療法で...