アロマ初心者のためのアロマテラピー講座TOP > レシピ > 化粧水

化粧水について

 

*化粧水

 

皮膚は体の一番外側にあって、
なんでもかんでもは透過できないように
できていて、体を守るバリアの役目を
しています。

 

そのため、分子構造の大きなものは
皮膚の奥深くまで浸透することができません。

 

 

アロマテラピーで使用される化粧水に
使われる精油は分子構造が小さいため
皮膚の奥深くまで浸透して、血液まで
入っていくことができ、高い効果を得る
ことができます。

 

 

★アロマ化粧水のレシピ

 

アロマ化粧水を作る場合、
無水エタノールを使う方法と
使わない方法があります。

 

敏感肌などでアルコールが苦手な場合は
無水エタノールを使わないアルコールフリー
の方法で作りましょう。

 

 

・無水エタノール1ml、グリセリン4ml
精油2〜3滴、精製水orミネラルウォーター
25mlを便に入れ、よく振って混ぜ合わせる。

 

 

・グリセリン5mlにゼラニウム精油1滴を
加えてよく混ぜ、さらに軟水のミネラルウォーター
45〜50mlを加えてよく混ぜ合わせる。

 

 

これをクレンジングの後に良く振ってから、
普通の化粧水と同じように使用すれば
アンチエイジング効果が期待できます。

 

お風呂上りなら顔のほか首、胸元など
全身に使えます。

 

ティッシュなどにしみこませて5〜10分
パックするのも効果的です。

 

 

★注意事項

 

作った化粧水などを使う前はパッチテスト
をしてから使用するようにしましょう。

 

 

★アロマ化粧水によく使用される精油

 

イランイラン、カモミール、ゼラニウム、
ラベンダー、ローズウッド、サンダルウッド
ネロリ、ジュニパー、サイプレス、シダーウッド

 

もっと詳しいコツや具体例などは、こちら
アロマ初心者のアロマテラピー通信講座で学んでいます。

 


レシピ記事一覧

アロマスプレー

精油を使ってアロマスプレーを作っておくとお部屋の空気を清潔にしたり、香りでお部屋の臭いをデオドラントしたり、カビ除けや虫よけ、ダニ対策にも使えてとても便利です。...

アロマ湿布

*アロマ湿布肩や腰、生理痛、頭痛など体の痛みがあってつらい時、湿布をすれば痛みが和らぎます。湿布をするときに、精油をプラスすれば成分が体内に浸透し、香りとと...

マッサージ

アロマオイルを使用して行うアロママッサージには芳香成分による血行促進や、代謝機能の増進など体に直接働きかける効果があります。さらに、精油の良い香りによって心の癒し効...

化粧水

*化粧水皮膚は体の一番外側にあって、なんでもかんでもは透過できないようにできていて、体を守るバリアの役目をしています。そのため、分子構造の大きなものは ...

美肌のためのスキンケア

*スキンケア皮膚は「身体を細菌などの外敵から守る」「体内の水分をキープする」「体温を一定に保つ」という役割をしています。スキンケアにより皮膚を清潔に保ち...

芳香浴

*芳香浴とはアロマテラピーの中で一番簡単で手軽にできる方法です。精油を香らせて肺・気管支などの呼吸器から吸い込み、体に取り込む方法です。鼻から吸い込...