アロマ初心者のためのアロマテラピー講座TOP > レシピ > マッサージ

マッサージについて

 

アロマオイルを使用して行うアロママッサージ
には芳香成分による血行促進や、代謝機能の増進
など体に直接働きかける効果があります。

 

さらに、精油の良い香りによって心の癒し効果、
リラックス効果が得られます。

 

★マッサージのテクニック

 

・撫でさする軽擦法(エフルラージュ)

 

・揉みほぐす圧迫法・揉捏(ペトリサージュ)

 

・強くさする圧迫法・強擦法

 

・叩く叩打法

 

 

★アロママッサージの効果

 

・内臓の働きを高め新陳代謝を活発にする
 ことで体の中から痩せる体質を作る。

 

・血液循環とリンパ液循環を促し、体内の
 老廃物を取り除いて、頭痛や肩こりを
 和らげて疲労回復効果を高める。

 

・不眠症を改善する。

 

・気管支の炎症や粘膜の炎症を鎮め、
 呼吸器系の不調を軽減し、循環系を調整して
 血圧のバランスを正しくする。

 

★注意事項

 

マッサージを避けた方がよい場合

 

発疹、潰瘍、火傷、おでき、腫れ、打ち身、ねんざ
じん帯損傷、骨折、熱、感染による病気、
静脈瘤のある箇所、血栓症、静脈炎、関節炎、
リウマチ痛心臓病や癌などの重病の場合

 

妊娠中の人は医師の許可を得てから、

 

敏感肌の人はパッチテストをしてから行いましょう。

 

 

★マッサージオイルのレシピ

 

30mlのマッサージオイルをつくる場合

 

キャリアオイル30ml+精油6滴を遮光ビン
に入れ良く混ぜる。

 

 

★アロママッサージをするときのポイント

 

1ヶ月以上同じ精油を使い続けると体への
刺激がなくなり効果が薄れるので、同じ精油を
1ヶ月以上使わないようにしましょう。

 

 

マッサージ後8時間程度は、
成分を浸透させるためオイルは洗い流さない
ようにし、余分なオイルをふき取る程度で、
ふき取りすぎないようにしましょう。

 

もっと詳しいレシピやコツは、こちら
アロマ初心者講座で学んでいます。

 


レシピ記事一覧

アロマスプレー

精油を使ってアロマスプレーを作っておくとお部屋の空気を清潔にしたり、香りでお部屋の臭いをデオドラントしたり、カビ除けや虫よけ、ダニ対策にも使えてとても便利です。...

アロマ湿布

*アロマ湿布肩や腰、生理痛、頭痛など体の痛みがあってつらい時、湿布をすれば痛みが和らぎます。湿布をするときに、精油をプラスすれば成分が体内に浸透し、香りとと...

マッサージ

アロマオイルを使用して行うアロママッサージには芳香成分による血行促進や、代謝機能の増進など体に直接働きかける効果があります。さらに、精油の良い香りによって心の癒し効...

化粧水

*化粧水皮膚は体の一番外側にあって、なんでもかんでもは透過できないようにできていて、体を守るバリアの役目をしています。そのため、分子構造の大きなものは ...

美肌のためのスキンケア

*スキンケア皮膚は「身体を細菌などの外敵から守る」「体内の水分をキープする」「体温を一定に保つ」という役割をしています。スキンケアにより皮膚を清潔に保ち...

芳香浴

*芳香浴とはアロマテラピーの中で一番簡単で手軽にできる方法です。精油を香らせて肺・気管支などの呼吸器から吸い込み、体に取り込む方法です。鼻から吸い込...